【プレスリリース】制御ソフトHARUKAと連動する「オフセットピンテーブル」を販売

オーレーザーが製造、販売する、HAJIMEレーザー加工機シリーズ専用の「オフセットピンテーブル」は、業界で初めて制御ソフトとの連動を可能としました。

加工データを確認しながら、テーブルに配置するピンの位置をソフト上から指定できるシステムで、加工素材の保持安定性の確保が可能です。
価格はピンテーブル1台、オフセットピン20本、T6レンチ1本、のセットで58,000円(消費税別)となり、2019年1月17日(木)より販売を開始します。

業界初の加工機制御ソフトと連動するピンテーブル

加工機制御ソフトに加工データを取り込んだ後、カットラインを避けるように画面上のピンの位置をクリック。実際にピンを設置していくときは、HAJIME レーザー加工機内蔵のレーザーポインターがソフトで指定したピンの位置をトレースしてくれるという画期的なシステムです。【特許出願中】

この機能があることで、カットラインを避けて正確にピンを置くことが可能となり、カットデータ外周の外側部分と内側部分を容易にバランスよく支えることが可能になりました。

樹脂系素材のカット時の悩みを解決

アクリルなどの樹脂系素材を、HAJIMEシリーズ標準付属品のハニカムテーブルに直接置いて加工をすると、レーザー光の反射と熱伝導によって素材の裏面にハニカム模様が移ってしまいますが、今回発売のオフセットピンテーブルを使用する事で、裏面の模様移りの軽減が可能となります。

アクリルを加工した時の比較写真

オフセットピンテーブルでカット

ハニカムテーブルでカット

オフセットピンテーブルでカット

ハニカムテーブルでカット

MDFを加工した時の比較写真

オフセットピンテーブルでカット

ハニカムテーブルでカット

価格はピンテーブル1台、オフセットピン20本、T6レンチ1本、のセットで58,000円(消費税別)となり、2019年1月17日(木)より販売を開始します。

※プレスリリースに記載された価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

・ValuePress! 掲載ページ
https://www.value-press.com/pressrelease/212124

この記事が参考になったら
いいね ! してね