レーザーでアクリル製のLED看板を作成

今回はレーザー加工で大人気の、LED アクリルプレートの加工事例を紹介します。
クリスマスが近いので、クリスマスリリーフをモチーフに加工を行なってみました。見た目も華やかで素敵なものが出来上がりました。

加工概要

加工素材 透明アクリルキャスト 5mm厚、LEDテープ
仕上がりサイズ 297 x 210mm
レーザー加工時間 約40分

加工データの作成

LEDメイン表示板、フレーム台座とスタンドのデータをイラストレーターで作成。LEDメイン表示板は固定式ではなく、差し替え可能なデザインにしました。

データ作成イメージ (LEDメイン表示板)

加工完了

レーザー彫刻後、加工カスなどを水で洗い流して洗浄します。台座部分を接着剤をつかい組み立て、LEDテープを敷いてLEDメイン表示板を差し込めば完成です。

全体イメージ

全体輪郭イメージ

驚くほど、直線も曲線も滑らかに切り抜かれて、美しい光を放っています。

切断エッジ 細部拡大イメージ

さらに拡大した写真です。切断面は垂直で、バリもなく滑らかに仕上がっています。

セルフリフレクション

5mm厚のアクリルで加工したため、彫刻画像の光が裏面に映り込み、ビューティフルに仕上がりました。

ラグジュアリーな空間を演出

LEDで照らしたディスプレイは、彫刻面、輪郭、そして裏面に映り込むセルフリフレクションが美しく、魅力的でラグジュアリーな空間を演出します。弊社レーザー加工機を使用すれば、誰でも華やかなLEDアクリルプレートを低コストで簡単に製作できます。

この記事が参考になったら
いいね ! してね