オーレーザー

[

株式会社アーリークロス

]

少数・小ロットもオーダー可能。
ノベルティ業界での HAJIME の運用方法。

Prologue

デザインクリップ、メモ帳、ふせん紙、ボックスティッシュ、クリアファイル、イベント用うちわなど、各種ノベルティグッズを販売する株式会社アーリークロス。

ユーザーオリジナルのデザインが、少数・小ロットから気軽に頼めるサービスで好評です。その成功のきっかけとなった HAJIME の導入ストーリーを紹介します。

HAJIME の導入台数は、なんと全部で11台。ノベルティグッズの製造現場にずらりと並んでフル稼働している光景は、まさに圧巻です。「スペースがあるなら、あと10台ほしい」と、嬉しい悲鳴をこぼしてくれました。

Story

企画から製造・販売まで、 ユーザーの要望に柔軟に対応

当社は、2008年8月に設立したノベルティグッズやサインディスプレイの企画・製造・販売を手がけている会社です。ユーザーの要望を製品に反映できるよう、丁寧にヒアリングを行い、企画提案からデザインデータの制作、製造及び販売まで、一貫したサービスを提供しています。

代表取締役の 佐藤智裕 氏(右)と、技術・製品管理部 部長の 佐藤力也 氏(左)。ユーザーの好みを聞いて一からデータを起こす事も多いそう。「他がやりたがらない事をやる」と成功の秘訣を語ります。

ノベルティ事業に関しては、各アイテムごとに差別化をしており、現在専門のECショップを10サイト展開しています。サイトの中に「クリップ王国」というオリジナルクリップの販売に特化したサービスがあるのですが、そのオリジナルクリップを製造する過程で HAJIME を使っています。

オリジナルカラー紙クリップ、ノベルティ作成のクリップ王国!

書類仕事の必要グッズ。
会社でも学校でもどこでも使える優しい製品。

ノベルティ業界は競合も多く、以前から薄利多売ビジネスの典型と言われていました。
当社では、ユーザーのニーズに合わせて、少量多品種への取り組みを積極的に行い、他社が面倒でやりたがらないサービスを提供できた事が、評価されていると思っています。

作ったイメージを 具体的な形でスピーディーに伝えたい

オープン当初は、大型の型抜き機を使用していました。1個、2個のサンプル作成では採算が合わず、完成イメージを具体的に伝える事が難しかったため、とても苦労しました。

完成イメージをスピーディーに具現化して、解りやすく伝えるには、レーザー加工機の導入が必要だったので早速購入する事になります。

最初に購入したレーザー加工機は金属発振器の高性能機種でした。当社の扱っている商品は、比較的単純な加工が多いのですが、パラメーターの設定が多機能すぎて、操作が難しかった印象です。

また、故障の際に訪問修理を依頼しても予約がなかなか取れず、故障したまま放置状態になってしまい、結局使わなくなってしまいました。

低価格でも基本性能を持つ HAJIME が導入の決め手に

コストパフォーマンスと使いやすさ、またアフターサポートも重視して、再度レーザー加工機を検討し直しました。その時に HAJIME を見つけたわけです。

正直、HAJIME の価格があまりに安く不安だったので、実機見学をして基本性能を入念に確認しました。無事、必要とする条件はクリアしていたので、購入に至ります。

クリップはオリジナリティーがあり可愛いデザイン。ファイバーペーパーという特殊素材で耐久性も抜群です。
メモ帳やクリアファイルなど無料でデータ制作してくれるサービスも。気になった方は一度相談してみては。

実際に導入してみると、数日で製造スタッフ全員が使えるようになり、当初の予定よりも早い段階で生産体制を整える事ができました。サンプルもスピーディーに作成できるようになり、スムーズで具体的となった完成イメージの提案は、成約数の増加に直結したと思います。

新規オーダーに合わせ、リピートオーダーも順調に増えてきて、生産数も日を追って急増しました。

製品の安定供給と生産能力強化 のため複数台導入

しばらく運用してみて、量産でも十分通用すると判断したので、追加導入することになります。
レーザー加工機は故障しやすい機器と、事前に学んでいたので、修理中でも生産がストップしない体制が必要だと感じていたからです。

11台ある HAJIME は、製造担当のスタッフがオペレーションしています。短期間でも複数台を同時稼働すれば、すぐに大量生産が可能です。オリジナルクリップの生産は完全内製化する事に成功し、コスト削減にも大きく貢献しているそう。

現在では、HAJIME を合計で11台も所有することになりました。
HAJIME を契機に内製化に成功し、オリジナルクリップ部門は早々に軌道に乗りましたね。

レーザー加工機の導入を検討中の方へ アドバイス

当社の様な、製品の量産で運用する際に重要だと思うアドバイスは、アフターサポートの体制が整っているかどうかですね。
レーザー加工機は修理メンテナンスが必ず必要になるので、保守サービスに加入するのは必須です。

HAJIME はセンドバックでの修理受付なので、梱包して出荷する手間はありますが、対応が早く、なにより安いので満足しています。
毎回、新品のような輝きで戻ってくるので驚くと思いますよ。

レーザー加工機でビジネスの可能性を広げてみませんか?

思いついたアイデアを手軽に具現化できるレーザー加工機は、モノづくり業界をはじめ、教育分野でも積極的に導入され、身近なものになりつつあります。

レーザー加工機でビジネスチャンスを掴みませんか?
レーザー加工機 HAJIME は、あなたのクリエイティブな想いをきっと手助けしてくれます。

まずはお気軽に、資料請求からご依頼ください。