オーレーザー株式会社

Laser System HAJIME CL1 & Dust Collector MIRUKU

レーザーヘッドの トラブル | ユーザーサポート

1)USB接触不良
2m以上のケーブルをご利用されているとHARUKAでエラーが起こることがございます。
必ず純正のケーブルをご利用ください。

2)アース接地をしていない
レーザー発振器は20kVの電圧で励起されるため、安全のためD種接地環境が必須となっております。
また、発振器電源から発生したノイズが、制御基板に静電気として帯電し、加工機の動作が不安定にもなりやすいです。
静電気が帯電した場合、基板内のコンデンサ故障の原因ともなりますのでご注意ください。

3)Mac ParallelsのBUG(Macの場合)

4)電圧が足りていない
USB-HUBをご利用している場合電圧が足りなくなってしまい
このように症状が起こりやすくなります。
必ずPCに直接接続して頂きますようお願い致します。

5)ウィルスソフト
強いウィルスソフトをインストールしている場合、HARUKAがスキャンされてしまう可能性がございます。
ウィルスソフトを停止してからHARUKAの起動をお願い致します。

6)競合ソフトを停止する
PC購入時にバンドルされているような、常駐ソフトがありましたらアンインストールしてからご利用お願い致します。

7)メイン基板故障
上記で改善されない場合はメイン基板故障の可能性がございます。
一度オーレーザーまでご連絡お願い致します。

加工開始位置が毎回ずれてしまう原因として、XレールとYレールの汚れが考えられます。

アルコールだけではなく、月に一度はマジックリンなどを使用して
加工機内の清掃を行って頂きますようお願い致します。
定期的にメンテナンスクリーニング行わないと、
パーツの隙間に塵やほこりが入り込み、異音や故障につながります。
清掃後、リニアベアリングの隙間にスプレータイプの潤滑剤を使用して頂くと滑りが良くなりますので
気になる場合はご利用ください。

清掃を行っても改善されない場合は直接オーレーザーまでご連絡お願い致します。

彫刻や、切断中に突然加工を止めてレーザーヘッドが原点に戻ってしまう原因としてPCとの通信障害が考えられます。

1)USB接触不良
2m以上のケーブルをご利用されているとHARUKAでエラーが起こることがございます。必ず純正のケーブルをご利用ください。

2)アース接地をしていない
レーザー発振器は20kVの電圧で励起されるため、安全のためD種接地環境が必須となっております。
また、発振器電源から発生したノイズが、制御基板に静電気として帯電し、加工機の動作が不安定にもなりやすいです。
静電気が帯電した場合、基板内のコンデンサ故障の原因ともなりますのでご注意ください。

4)電圧が足りていない
USB-HUBをご利用している場合電圧が足りなくなってしまい
このように症状が起こりやすくなります。
必ずPCに直接接続して頂きますようお願い致します。

5)ウィルスソフト
強いウィルスソフトをインストールしている場合、HARUKAがスキャンされてしまう可能性がございます。セキュリティーソフトがトラフィック管理していないか確認をお願いします。

6)競合ソフトを停止する
PC購入時にバンドルされているような、常駐ソフトがありましたらアンインストールしてからご利用お願い致します。

改善されない場合は、別のPCを使用して検証して頂きますようお願い致します。

Load More