通信不良や、データの不整合、PCのメモリー不足が考えられます。

通信不良の場合
1)PCとの通信障害。
2m以上のケーブルをご利用されているとエラーが起こることがございます。必ず純正のケーブルをご利用ください。
USB-HUBをご利用している場合、ノイズが原因でこのような症状が起こりやすくなります。
必ずPCに直接接続して頂きますようお願い致します。

2)アース接地をしていない
レーザー発振器は20kVの電圧で励起されるため、安全のためD種接地環境が必須となっております。
また、発振器電源から発生したノイズが、制御基板に静電気として帯電し、加工機の動作が不安定にもなりやすいです。
静電気が帯電した場合、基板内のコンデンサ故障の原因ともなりますのでご注意ください。

データの不整合の場合
1)転送データがPCメモリーに対し大き過ぎている
PCを変えて頂くか、データを分割して容量を小さくするようご対応お願いします。

2)パスやアンカーが重なっている
全てのパスを単独で動かして重なっていないか確認をお願いします。

3)余分なレイヤーがある
余分なレイヤーが無いか一個ずつ確認をお願いします。

4)アピアランス効果が付与されている
レイヤーにアピアランス効果(半透明、ドロップシャドウ等)を付けないでください。

5)線のプロパティが中央になっていない
線の設定では《線端》《角の形状》《線の位置》は初期設定(一番左端)に設定してください。

6)データに対しアートボードが小さい
アートボードから転送対象データがはみ出していると、きちんとデータが転送できない可能性がございます。
アートボードは必ず転送対象データに合わせて設定してください。

7)アートボードが大きすぎる
裁ち落とし設定がされている場合はすべて0mmに変更をしてください。
アートボードを500mm300mmで設定している場合は、500mm300mm未満で設定をしてください。

8)その他
新規オブジェクトをピクセルグリッドに調合にチェックがはいっている場合はチェックを消してください。

PCのメモリー不足の場合
PC 環境のご確認
HAJIME レーザー加工機は制御ソフト HARUKA の操作にあたり、下記 PC環境を準備する必要があります。
Windows 7以降の64bit OSがインストールされているPC環境(必須)
CPU:Core i3以上、メモリ:4GB以上、USBポート2個以上のPC環境(必須)

上記どれにも当てはまらない場合や、解決されない場合は直接お問合せ頂きますようお願いします。

1)indowsプログラムグループ内のHARUKAフォルダの「サービス管理」を起動します。
起動後に左上にある「解除」ボタンを押します。
しばらくすると起動と文字が変わるので、「起動」ボタンを押します。
その後HARUKAが起動できるかご確認をお願い致します。

2)改善されない場合
強いウィルスソフトをインストールしている場合、HARUKAがスキャンされてしまう可能性がございます。
ウィルスソフトを停止してからHARUKAの起動をお願い致します。

それでも改善されない場合は弊社まで、ご連絡をお願いします。

1)Windowsプログラムグループ内のHARUKAフォルダの「サービス管理」を起動します。
起動後に左上にある「解除」ボタンを押します。
しばらくすると起動と文字が変わるので、「起動」ボタンを押します。
その後HARUKAが起動できるかご確認をお願い致します。

2)PCとの通信障害
2m以上のケーブルをご利用されているとエラーが起こることがございます。必ず純正のケーブルをご利用ください。
USB-HUBをご利用している場合、ノイズが原因でこのような症状が起こりやすくなります。
必ずPCに直接接続して頂きますようお願い致します。

3)アース接地をしていない
レーザー発振器は20kVの電圧で励起されるため、安全のためD種接地環境が必須となっております。
また、発振器電源から発生したノイズが、制御基板に静電気として帯電し、加工機の動作が不安定にもなりやすいです。
静電気が帯電した場合、基板内のコンデンサ故障の原因ともなりますのでご注意ください。

上記の対応をしても改善されない場合は、基板の故障が考えられますので直接お問合せ頂きますようお願いします。

・ポンプか水流センサーの故障が考えられます。
 またはマグネットスイッチの故障の可能性があります。

1)まずは加工機、PCを再起動して症状の再確認をお願いします。

2)改善されない場合は、タンク内の清掃をお願いします。
HAJIME メンテナンスマニュアル

上記でも改善されない場合は故障が考えられますので、直接ご連絡頂きますようお願い致します。

・基板故障の可能性があります。
 一度、加工機の電源ケーブルとUSBケーブルを全部抜いて10秒たってから再接続をしてください。

改善されない場合は基板故障の可能性がございますので、直接ご連絡をお願いします。

・基板故障の可能性があります。
 一度、加工機の電源ケーブルとUSBケーブルを全部抜いて10秒たってから再接続をしてください。

改善されない場合は基板故障の可能性がございますので、直接ご連絡をお願いします。

・PC起動直後にすぐHARUKAを起動する場合よく起きてしまうエラーです。
 サービスの起動がまだ完了していない為、少し待ってから再度HARUKAを起動して頂きますようお願いします。

1)改善されない場合はモーションサービスのBUGの可能性があります。
 indowsプログラムグループ内のHARUKAフォルダの「サービス管理」を起動します。
 起動後に左上にある「解除」ボタンを押します。
 しばらくすると起動と文字が変わるので、「起動」ボタンを押します。
 その後HARUKAが起動できるかご確認をお願い致します。

2)強いウィルスソフトをインストールしている場合、HARUKAがスキャンされてしまう可能性がございます。
 ウィルスソフトを停止してからHARUKAの起動をお願い致します。

別のPCで稼働をしてみてそれでも改善されない場合はオーレーザーまでご連絡お願い致します。

・PCが重い場合や、操作が速すぎる際に表示されます。
 一度ゆっくりと動作を行って頂きますようお願い致します。

・HARUKAのBUGの可能性があります。
 Windowsプログラムグループ内のHARUKAフォルダの「サービス管理」を起動します。
 起動後に左上にある「解除」ボタンを押します。
 しばらくすると起動と文字が変わるので、「登録」ボタンを押します。

改善されない場合

1)PCとの通信障害
2m以上のケーブルをご利用されているとエラーが起こることがございます。必ず純正のケーブルをご利用ください。
USB-HUBをご利用している場合、ノイズが原因でこのような症状が起こりやすくなります。
必ずPCに直接接続して頂きますようお願い致します。

2)アース接地をしていない
レーザー発振器は20kVの電圧で励起されるため、安全のためD種接地環境が必須となっております。
また、発振器電源から発生したノイズが制御基板に静電気として帯電し、加工機の動作が不安定にもなりやすいです。
静電気が帯電した場合、基板内のコンデンサ故障の原因ともなりますのでご注意ください。

3)ウィルスソフト
強いウィルスソフトをインストールしている場合、HARUKAがスキャンされてしまう可能性がございます。
ウィルスソフトを停止してからHARUKAの起動をお願い致します。

4)競合ソフトを停止する
PC購入時にバンドルされているような、常駐ソフトがありましたらアンインストールしてからご利用お願い致します。

別のPCで動作をしてみてそれでも改善されない場合はオーレーザーまでご連絡お願い致します。

Load More