加工してはいけないものはありますか?

一般的にレーザー加工不可の素材は、フッ素やポリ塩化ビニル樹脂などの塩素系プラスチックが知られています。
加工を行なった場合、素材が燃焼することで塩素系のガスを発生することとなりますが、このガスの中に環境汚染物質として知られるダイオキシン類を含みます。周知のとうり毒性の強い、発がん性物質となりますので注意が必要です。

また、塩素系ガスは極めて腐食性が強く、加工機の寿命を著しく低下させます。このポリ塩化ビニル樹脂は、合成皮革の塗布剤や製品保護シートなどにもよく使われておりますので、事前にご確認いただき加工は行わないようお願いいたします。