設置時に注意することはありますか?

弊社の HAJIME レーザー加工機は、設置にあたり下記環境を準備する必要があります。

  1. アース線を接地する環境(必須)
    加工機内部部品のレーザー発振器からノイズが多く出るため、アース線を接地しないとデータ通信中にフリーズするなどの不具合が起こる可能性があります。
  2. 加工粉塵の排気環境(必須)
    レーザー加工機の特性上、素材燃焼による粉塵、気化によるガス、臭気などが発生します。加工機内部に充満するとレーザーの反射率、集光率が下がり本来のパフォーマンスを発揮できません。また、室内に充満すると人体にも悪影響ですので必ず室外排気してください。
  3. 設置場所の室温管理
    HEJIME レーザー加工機は水冷式のため、水温が45度を越えるとセーフ機能により加工が停止します。長時間加工するときは、エアコン等で室温の調整が必要です。