消耗品の寿命はどのくらいですか?

HAJIME レーザー加工機の消耗品は、レーザー発振器、光学部品、伝動駆動部品、ハニカムテーブル、エアーチューブとなります。それらの消耗品で交換頻度の高い部品は、レーザー発振器、光学部品となります。
弊社のレーザー発振器の寿命は、通常にお使いいただいて約1年半~2年ほどになります。光学部品(反射ミラー、対物レンズ)に関しては、適切なメンテナンスを加工後毎に行うと劣化を防げるので寿命が飛躍的に伸びます。

加工頻度の多い方には [ 保守プラン ] もご用意しておりますのでおすすめしております。