HARUKA

加工手順

プラグインからデータ転送


DATA TRANSFER

加工手順 ステップ1

SPEP1 デザインソフトで加工データを作成

Adobe Illustrator もしくは Corel DRAW で、彫刻する部分は塗りつぶしのブラック、切断する部分はレッドの輪郭線で作成します。

彫刻(ラスター加工)の場合は、ビットマップ形式のデータでも認識します。

加工手順 ステップ2

SPEP2 ソフトウエア HARUKA に転送

加工したいデータ(パス)を選択して「HARUKAに転送」をクリックすると、データが転送され HARUKA の画面に表示されます。彫刻パスと切断パスをまとめて一度に転送可能です。

ai / pdf / eps / svg / bmp / jpg / png / ps / plt / dxf[R12] のファイル形式を HARUKA から開くことも可能です。詳しくは、[ データ読み込み ] をご覧ください。

加工手順 ステップ3

SPEP3 素材にフォーカスを合わせて加工開始をクリック

ハニカムテーブルに加工素材をセットして、フォーカスを合わせます。HARUKA に代表的な素材の加工パラメーターを登録してますので、加工素材に合わせて選択後、加工開始をクリックします。

本体電源の ON / OFF や、始点位置の調整など、HAJIME CL1 の機能はすべて HARUKA でコントロールすることができます。また、水温やアクセスパネルの開閉など、HAJIME CL1 のステータスもすべて HARUKA に表示されます。

加工手順 ステップ4

SPEP4 加工終了まで運転状況を監視

レーザー加工は燃焼による加工なので、素材により発火しやすい場合もあります。安全のため加工終了まで運転状況を監視してください。

加工時は、粉塵、ガス、臭気を室外へ排気する環境が必要です。
ポリ塩化ビニル樹脂は、腐食性の極めて強い塩素系ガスを発生するので加工しないでください。
一般金属(鉄、ステン、アルミ、メッキ、金、銀、銅他)また鏡面反射材は加工できません。

  1. HARUKA

  2. OPERATION

    HAJIME オペレーション

  3. READING DATA

    加工データの読み込み

  4. WORK STEPS

    加工開始までの手順

PAGE TOP