レーザーの被ばくは白内障や失明の危険があります。

レーザー波長による被ばく時の眼部の危険性

レーザーの波長による被ばく時の白内障や失明の危険性

HAJIME の CO2レーザーは遠赤外線

CO2レーザーの光は人には見えない遠赤外線波長(10.6㎛)の光で、物体に吸収されると熱に変換されます。 透明な物体でも透過しないので比較的事故の少ない波長域ですが、適切な保護筐体でガードしないと、やけどをする危険があるので注意が必要です。

万が一レーザーに被ばくした場合、最も被害を受けやすいのは眼部(目)になります。レーザーの波長により傷害を受ける部位が異なりますが、HAJIME に搭載するCO2レーザーでは、エネルギーが角膜表層に吸収され、熱さを感じ、瞬き(まばたき)による防御反応を示します。ただし、高出力のCO2レーザーに長時間被ばくした場合は、角膜炎症(やけど)や水晶体混濁(白内障)に至る恐れがあります。

また、特に危険なレーザーは、水晶体を透過して光線が眼底まで到達してしまう半導体レーザーやYAG・ファイバーレーザーで、網膜にある黄斑部の中心(中心窩)に傷害を受けると最悪の場合失明にまで至ってしまうこともあります。半導体レーザーは可視光線なので、眩しさから反射的に瞬き(まばたき)による防御反応を示しますが、ファイバーレーザーは不可視光線のため傷害を受けるまで気が付きません。目にとって非常に危険な波長域とされています。

レーザー製品の安全性を決めるクラス分け

レーザーには、世界共通の安全基準があります。WTO(世界貿易機関)内の IEC(国際電気標準会議)では、レーザー製品に対する世界基準が定められています。日本国内でも IEC での基準に基づき、JIS C 6802 規格が規定されました。

その JIS C 6802「レーザ製品の安全基準」の中で規定される、もっとも安全なレーザークラスは「クラス1レーザ製品」に準拠するものです。
レーザー製品は、クラスが高くなるほど運転時の自由度が高まるため、安全性に加えて利便性にも大きく左右されます。

しかし、まだレーザーのクラス分けについては強制法規になっておらず任意規格なので、メーカーによる自己宣言も多く、第三者の試験機関が安全性を確認しているレーザー加工機は数少ないのが現状です。

JQA 判定試験合格済の JIS クラス1レーザ製品準拠。

裸眼でも安全にレーザー加工できるクラス1

HAJIME CL1 PLUS

HAJIME CL1 PLUS は、国内メーカーのレーザー加工機としては唯一、第三者試験機関 JQA(日本品質保証機構)の判定試験に合格し JIS C 6802:2014 の「クラス1レーザ製品」に準拠した確かな製品です。

クラス1に準拠した安全な保護筐体は、加工中にレーザーが露光することが無く完全遮断しています。またアクセスパネルが開いた場合は、強制的にレーザー照射が止まるセーフティーインターロックを採用。うっかり開いても、レーザー光が外に出て来ることはありません。

JISレーザ安全基準 クラス1レーザ製品準拠
クラス1
HAJIME CL1 PLUS は、日本品質保証機構 JQA で判定試験を行い、JIS C 6802:2014 における「レーザ製品の安全基準」にて、クラス1レーザ製品に準拠した安全な卓上型レーザー加工機です。

その他にも様々な安全基準に準拠。

HAJIME CL1 PLUS は、JIS C 6802:2014 における「クラス1レーザ製品 準拠」以外にも様々な安全対策を行っています。

JIS C 1010-1:2014 準拠

電気機器の安全性の規格として JIS C 1010-1 があります。これは、国際安全規格 IEC 61010-1 の内容をほぼ全面的に取り入れたもので、機械的危険源の保護や絶縁評価など、よりユーザの立場に立った安全性が要求されます。

HAJIME CL1 PLUS は、第三者試験機関 JQA の判定試験をパスした、JIS C 1010-1:2014 に準拠しています。

IEC 61326-1:2012 準拠

EMC(電磁両立性)の規格として IEC 61326-1 があります。近年、電気機器から発生する電磁妨害波は社会的にも大きな問題となっており、EMC(電磁両立性)の試験をクリアしているかは、電気機器にとって重要な性能となっています。

HAJIME CL1 PLUS は、第三者試験機関 JQA の判定試験をパスした、IEC 61326-1:2012 に準拠しています。

接地検出機能(特許取得済)

アース線の接地接続は、漏電時の安全対策として非常に重要で HAJIME CL1 PLUS も必須です。制御ソフト HARUKA は、確実にアースが接地しているか確認できる、独自開発の「接地検出機能」を搭載しています。[特許第6410915号]

また、レーザー発振器の電源回路でも電流制限を行なっており、万一漏電が起こっても大きな事故になりません。

高い安全性が「いつでもどこでも」を可能に。

レーザークラス別の障害防止対策について

厚生労働省の労働安全衛生法にて通達する「レーザー光線による障害の防止対策について」では、レーザーを取り扱う業務における安全予防対策の具体的内容を、クラス1、クラス2以外のレーザー機器を対象に定めています。

厚生労働省 労働安全衛生法

厚生労働省の労働安全衛生法にて通達するレーザーの障害防止対策については下記リンクよりご確認いただけます。

クラス1、クラス2は措置基準対象外

例えば、「クラス4」レーザー機器の場合は以下のような設置および運転環境を準備する必要があります。

  • レーザー機器管理者を選任する。(不在の場合は使用不可。)
  • レーザー機器設置にあたり専用の管理区域を設ける。
  • レーザー管理区域立入禁止の標識を掲示する。
  • 作業管理や健康管理等のアセスメントを作成する。
  • 難燃性の作業衣、保護眼鏡の着用を義務付ける。
  • 警報装置、緊急停止スイッチの設置義務。

など。

HAJIME CL1 PLUS は「クラス1」に準拠しているため措置基準対象外となっています。

第三者試験機関の安全性をパスしたレーザー加工機は HAJIME CL1 PLUS だけです。

資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

オーレーザー サポートセンター

オーレーザー サポートセンター

オーレーザー サポートセンター

サポート受付時間:10:00 ~ 12:00 , 13:00 ~ 17:00
お電話:049-265-6046 / メール:infooh-laser.com

サポート受付時間:10:00 ~ 12:00 , 13:00 ~ 17:00
お電話:049-265-6046 / メール:infooh-laser.com

Slider