TECHNOLOGY

テクノロジー

デザインだけではない、安定した性能も魅力。

軽さと精度を重視した、高性能レーザーヘッド。

レーザーヘッド直下に映す赤いポインターの光。すべての加工はここを原点にしてスタートします。
HAJIME に搭載したこのレーザーヘッドは、高速 & 高精度、軽量 & 高剛性、シンプル & 多機能、これら相反する課題を乗り越え設計いたしました。また、加工に必須のエアー供給と、フォーカス調整も簡単に出来るよう設計されています。

写真のレーザーポインターはイメージです。実際には素材に赤い点だけ映ります。

プロに応えるパワーと、正確なパワーコントロール。

HAJIME は 30W のハイパワーレーザーを搭載し、5mm 厚のアクリル板や MDF ボードも楽に切断可能です。
また、アナログ方式では出力コントロールのバラツキが問題でしたが、正確に制御できるキャリブレーションシステムとデジタル制御方式を搭載。パソコン側で 1% ずつコントロールできるため、繊細なデザインも忠実に彫刻、切断可能です。

高精度な光学部品と駆動部品を内蔵。

HAJIME は日本国内で設計され、内蔵する光学部品や駆動部品など品質を厳選して製品に組み込んでいます。また、日々テストを繰り返し、より高品質な新型部品の開発も積極的に行っています。高精度で安定した性能と耐久性も HAJIME のこだわりです。

加工時は可能な限りスマートに。

加工データを読み込み、レーザー加工を開始すると自動的にエアーコンプレッサーと排気ファンを動作させます。そして加工が終了すると、エアーコンプレッサーが停止し、一定時間経過後に排気ファンが自動停止します。
ユーザーが意識的に操作しなくても、HAJIME は自動的に可能な限りスマートに運用できるよう設計しています。

臭気の強い素材を加工するときは、排気ファンの電源は別に用意して十分な排気を行ってください。