INFORMATION

木材は昔から彫刻されたり建材になったりなど、あらゆる製品・作品に使われ親しみ深い素材です。安く代替できる素材があふれている現代でもなお 木材は様々な場面で使用されています。
今回は、「桐で出来た木箱をギフトケースに」というコンセプトで、 現代の彫刻刀とも言えるレーザー彫刻で現代風に加工を施してみました。

加工概要
使用材料 桐箱
材料サイズ 約397 x 192 x 98 mm(蓋15mm厚)
機種 卓上小型 レーザー加工機 HAJIME
ソフトウェア Windows 7、CorelDRAW、HARUKA
レーザー加工所要時間 彫刻加工 約35分

完成イメージ

加工前の準備

データ作成
今回の加工は桐箱の蓋だけ彫刻するため、蓋だけ取り外して外寸を測り、CorelDRAW の新規作成のときに測定した寸法でアートボードを作成しました。最初にアートボードの寸法を実寸で作成すると、デザインの全体のバランスを確認しつつデザイン出来ることと、 加工するときにも加工する素材と同じサイズの四角形を紙に印字することで、一品物でも簡単かつ完璧に位置を合わせる事が出来るようになります。

デザインが出来上ったら HARUKA へのデータ転送ボタン(画面右上の青いアイコン)をワンクリックするだけで簡単にレーザー加工機にデータが転送できます。
これで加工データの準備が整いました。

加工開始

贈答品等は常に一品物である事がほとんどです。どのような作品も同じですが位置あわせがが非常に重要です。
「加工エリア切断」機能を使用して桐箱の蓋と同じサイズに紙をレーザー加工します。この加工跡の上に正確に素材を置くことで完璧に位置を合わせて加工をする事が出来ます。

加工直後のイメージ

彫刻結果は文字の細いところまで精細に深く彫刻されており、素材の素の色と彫刻部分の色の相性がよく非常に美しく仕上がりました。
桐箱はレーザー彫刻と非常に相性がよく、贈答された人の満足度は非常に高くなると思われる良い例と思います。

完成


蓋の真上から写真を撮りました。文字と柄のところはが深く彫刻されて、色も濃く変色しています。これで文字と柄の部分がはっきりに目立ち、とても綺麗な作品と感じられます。(iPadやiPhone などの端末でご覧になる場合、画像を拡大して細部を見ることができます。)

柄の細部写真

ノギスで測ったところ、彫刻された部分の深さは0.9mmあります。枝から小さい葉まで忠実に彫刻されていて、深さもほとんど同じでした。こういうレベルまでの微細彫刻はむしろ人間の手では難しく、実現不可能と言えます。

使用イメージ

レーザー加工で心に届く作品を

作品から放たれるメッセージは、人から生まれる感性と創造力の結晶から創り出されます。
創る人は、自然を知り、素材を知り、自分自身に出来る最高の方法で人を喜ばせ、心に届くメッセージを送り込みます。

昔の芸術家や職人たちは優れた作品を仕上げるのに、長い時間をかけて腕を磨く必要がありましたが、今回はシンプルな木目だけの桐箱に、レーザー加工するだけで相手の心に届く作品に仕上げることが出来ました。

デザイナーは伝えたい文章・描きたい絵柄のデザインに集中するだけで、レーザー加工機が思い描いた通りの素敵な作品に仕上げてくれます。
HAJIME レーザー加工機を、デザインの具現化と素晴らしい作品の創出にお役立てください。