INFORMATION

こちらの加工事例は、前モデルの Applause で加工した記事です。使用ソフトウエアや操作方法などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
なお、現モデル HAJIME でも同様の加工が可能です。

弊社レーザー加工機は教育分野でもご興味をいただいており、各種学校様からも多く引き合いをいただいております。
そんなお客様から“Gコードというデータで加工が出来ないか?”というお問い合わせをいただきました。Gコードとは加工機械で使われるデータ形式ですが、使い慣れたデータでレーザー加工がしたいというご要望です。

弊社が提供している MoshiDRAW という加工専用ソフトウエアは Gコードを扱うことができませんが、今後のご要望に対応、検討という事からレーザー加工機を CNC 制御基板で動作するように接続し、加工してみました。また、今回は新しく開発した Illustrator 用 Plugin も使用し、Illustrator からダイレクトに切断データを MoshiDRAW に送信して加工をします。

加工概要
使用材料 POM(ポリアセタール)3mm厚
材料サイズ 歯車(大)直径80mm、 歯車(小)直径38mm
レーザー加工所要時間 約30分

完成イメージ(歯車)
sample_view

加工データ作成

今回は、CNC バージョンと、MoshiDRAW バージョンの両方で加工を行ってみます。学校様でレーザー加工機を使用して作りそうな、歯車をデモ選定しました。

最初に通常の作成方法で歯車のデータを作ります。大きな歯車は、Illustrator + MoshiDRAW で作成、小さい歯車は JWCAD + CNC 制御で作成します。大きい歯車のデザインを Illustrator のプラグインを使用し、MoshiDRAW に直接加工データを転送します。

デザイン作成イメージ(Illustrator)
Illustrator ギア

Gコードでの加工も、基本のデザインデータを作成する部分は同様です。歯車データを JWCAD と呼ばれる CAD ソフトウエアで編集します。
作成したデータを、NCVC と呼ばれる CAM & ビューワーソフトにかけ、Gコードの加工データを生成します。
レーザー加工機用にモータ制御部分をレーザーの出力用にデータを修正して完成です。

デザイン作成イメージ(JWCAD)
jwcad

デザイン作成イメージ(NCVC)
NCVC

Gコードで加工するためには、それに対応したコントローラーソフトが必要になります。海外製になりますが、CNC コントローラソフトウエアとしてメジャーな Mach3 という物がメジャーなようです。フリーで作れる物は制限がありますが、今回のような作例は比較的簡単に作ることが出来ます。

CNC 加工ソフトウエアイメージ
Mach3

加工終了

完成イメージ
完成イメージ
小さい歯車はGコード(CNC制御)で作成しました。大きい歯車はイラストレータとプラグイン MoshiDRAW で作成しました。

Applause レーザー加工機が選ばれる理由

Applause レーザー加工機はオーレーザーが主体的に開発し、常に改良を行なっております。
今回は、CNC 制御したいというご要望からGコードで使えるよう装置を改造するという試みを行い、作例もうまく作ることができました。
製品そのものの加工能力は当然ですが、お客様の要望をお伺いし、改良と進化によって品質を維持するため常に前進する。これこそ本来の製品価値であり、お選びいただけている理由と確信しています。