INFORMATION

こちらの加工事例は、前モデルの Applause で加工した記事です。使用ソフトウエアや操作方法などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
なお、現モデル HAJIME でも同様の加工が可能です。

愛犬などのアクセサリーにQRコードを付けたものがありますが、今回はそのようなアイテムを作ってみました。複数のデータを使用するため、イラストレーターと CorelDraw の2通りで作成したデータをご紹介いたします。

完成イメージ(肉球マーク)

完成イメージ(QRコード)

加工概要
使用材料 革製キーホルダー
材料サイズ 37 x 37mm
ソフトウェア Adobe Illustrator、CorelDraw
レーザー加工所要時間 「肉球マーク」:3分10秒、「QRコード」:3分15秒

表面のデザインはシンプルに肉球をイラストレーターで作成し、裏面のデザインはQRコードを CorelDraw で作成しました。

QRコードは無料のwebサービスを使用させていただきました。
QRコード(二次元バーコード)作成【無料】

位置調整の目印とテスト彫刻も兼ねて紙にテスト彫刻してみます。

彫刻加工するアクセサリを置き、フォーカスを合わせて準備をします。

素材の汚れ防止と固定をかねたマスキングテープを貼ってから彫刻をします。加工サイズが小さいため、裏表両方とも3分前後で終了しました。

Youtubeの加工動画:レーザー加工で革のアクセサリーの製作 ― 【オーレーザー加工事例】

加工が終了しました。両面ともとてもきれいに彫刻ができました。

iPhoneのQRコードリーダーアプリを使用して認識させてみたところ、とても高速に認識できました。

今回は革に彫刻をしましたが、焼印のような固定の形だけではなく、ありとあらゆる形・大きさ・デザインをレーザー加工機なら実現することができます。Applause はあなたのイマジネーションを加速させ、あなたの作成する製品や作品の価値を大きく高めるためにきっとお役に立てることでしょう。