INFORMATION

こちらの加工事例は、前モデルの Applause で加工した記事です。使用ソフトウエアや操作方法などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
なお、現モデル HAJIME でも同様の加工が可能です。

レーザー加工機は彫刻加工だけではなく、穴あけ加工や複雑な曲線が多用された切断加工も要求されます。今回の加工事例はそんな複雑な切断加工が要求される、ジグソーパズルを作成しました。

加工概要
使用材料 アクリル(白)2mm厚、ラミネートフィルム
材料サイズ 170 x 110 mm
ソフトウェア Adobe Illustrator、Inkscape
レーザー加工所要時間 約15分30秒

完成写真
レーザー加工機 - ジグソーパズル完成写真

切断順序最適化について

複雑なデザインをカットする上で最も大きな問題は、先に内側をくり抜いてから外側を切断しないと失敗する問題です。先に切り抜かれた部品は落下するため、切断を適切な順番で行わないと、思ったとおりのデザインは完成しません。

下図左側の形を得るためには、右側図のような順番で切断加工をする必要があります。この問題を解決するために、カットソート(切断順最適化)を行う必要があります。

切断順番のイメージ図
切断順番最適化の説明

今回、弊社のユーザー様が独自にカットソートのプログラムを作り公開してくださった為、ジグソーパズルの作例を発表することができました。有難う御座います。
ジグソーパズルの絵柄はラッセンの絵がありましたので、ラミネート保護した後に粘着剤にて2mm厚のアクリルに貼り付けました。

ラミネートフィルム写真
ラミネート写真

次に、ジグソーパズルのベクトルデータを用意します、絵柄のサイズを測定してベクトルデータを縮尺します。今回はインクスケープを使う例もご紹介するため、AIファイルでいったん保存します。

イラストレーターでデザイン作成
イラストレーター:ジグソーパズルデザイン

保存したAIファイルをインクスケープで開き、pltファイルに保存します。

インクスケープで切断用ファイル変換
インクスケープ操作画面

CorelDRAW やインクスケープから出力された pltファイルは、切断順序が考慮されていないので、pltファイルをカットソートプログラムで処理してから、いつも通り材料をセットして加工をします。少し手間はありますが、思った通りの物を作成することができました。

すでに CorelDRAW をお持ちのお客様は、よりシンプルになった CorelDraw プラグインからカットソート機能がご利用できるように予定しております。

加工完了

完成写真
Applause 3+レーザー加工機:ジグソーパズル加工写真

Applause 3+レーザー加工機:ジグソーパズル加工写真2
UV 印刷機を所有していないため、カードを貼り付けて作成しましたが、UV 印刷を併用して自由なサイズと自由なデザインで作成すれば、素敵なカスタムオーダーデザインを作成する事が出来ます。

複雑なデザインも思いのままに

複雑な形状を簡単に切り出せるようになると、立体的な組み合わせの加工や彫刻作品だけでは得られない、新たなレーザー加工機の使い方が見えてくるでしょう。思い描いたデザインをすぐその場で切断、プロト作成、そのような用途にも Applause レーザー加工機は大きな価値を生み出すことができます。