INFORMATION

照明は電気が使われ始めた初期の頃から多く作られ、今では普段の生活に欠かせないものとなっています。内部構造は極めてシンプルですが、人々を惹きつける不思議な魅力があります。
今回はレーザー加工で照明を作りますが、せっかくですので幾何学形状としても美しい、デザイン照明を作ってみたいと思います。

加工概要
使用材料 ポリプロピレン
材料サイズ 約565mm x 280mm (0.75mm厚)
機種 卓上小型 レーザー加工機 HAJIME
ソフトウェア Windows 7、CorelDRAW
レーザー加工所要時間 約20秒(1ピース)

完成イメージ
iqlight レーザー加工

加工前の準備

データ作成
今回作ったライトは IQlight という照明で、1972年にホルガー・ストロムというデザイナーが作り出したものです。

このランプシェードは、たった一種類の形状の素材を複数枚組み合わせて、多種多様なランプシェードを作る事ができます。構造のシンプルさと幾何学的な形状が生み出す多様性・美しさは素晴らしいの一言に尽きます。

デザイン作成イメージ(CorelDRAW)
今回は、この一つの基本形状をを30ピース切り出しました。
iqlight_coreldraw

加工材料イメージ

加工終了

加工完了パーツイメージ

今回は照明としても使うため、照明パーツのセットも購入し組み込みました。

完成イメージ

HAJIMEレーザー加工機で無限の可能性を

今回は有名な照明を作るという作例でしたが、レーザー加工機を活用する上で大きなヒントが得られました。

レーザー加工機は基本的に平面加工しか出来ませんが、無限の想像力やデザインセンスによって今まで想像しえなかったような作品を作り出す事が可能ということです。
道具を使い、そこから多くの価値を生み出すのは人間の想像力やセンスに他なりません。レーザー加工機は今まで高価でとても身近とは言える物ではありませんでしたが、HAJIME レーザー加工機なら、新たな価値と独創性を生み出すお手伝いが出来る事と信じております。