INFORMATION

こちらの加工事例は、前モデルの Applause で加工した記事です。使用ソフトウエアや操作方法などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
なお、現モデル HAJIME でも同様の加工が可能です。

弊社レーザー加工機は、非金属のあらゆる材料に加工できますが、加工しやすいものと加工しにくいものがあります。今回は比較的加工が難しい、陶磁器製のタイルに複雑な模様のアステカカレンダーを彫刻してみました。

加工概要
使用材料 陶磁器製タイル(ブルー)
材料サイズ 200 x 200 mm
ソフトウェア Adobe Illustrator
レーザー加工所要時間 約4時間30分

完成イメージ

加工データの作成

今回のデータはネットで購入しました。EPS ファイルで、ベクターデータとなっています。イラストレーターで加工サイズに合わせて縮尺し、加工データに変換して MoshiDRAW にインポートします。

データ作成イメージ

加工完了

アステカカレンダーを採用した多くの作例では小さい木材に彫刻することが多く、絵の美しさを体感できないケースが多いです。今回の加工事例はデータをタイルのサイズに合わせて変換し、全ての細部画像と曲線がはっきり見えるデータで作成しました。曲線、細かな紋様が忠実に再現されています。
完成品拡大イメージ

加工が難しく、複雑で曲線の多い模様彫刻でしたが、精細に加工することができました。Applause で使用しているレンズは精密彫刻に最適したレンズを選定しているので、タイルのような難加工材料でも精細に彫刻することが出来ます。

Applause レーザー加工機を使用して、今までは作れなかった新たな加工と可能性を是非体験してください。