INFORMATION

こちらの加工事例は、前モデルの Applause で加工した記事です。使用ソフトウエアや操作方法などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
なお、現モデル HAJIME でも同様の加工が可能です。

三月から四月にかけては多くの出会いと別れがあり、メモリアルな贈答品なども多く受注、販売される節目の季節です。レーザー加工の仕事も必然的に多くなります。
中でもトロフィーは様々な贈呈の場面で使用されますが、今回は永年勤続賞を想定した加工作品を作成してみました。

加工概要
使用材料 透明アクリル トロフィー(キャスト)
材料サイズ 幅110 x 厚さ18 x 高さ170 mm
ソフトウェア CorelDRAW
レーザー加工所要時間 約10分

完成写真
メモリアルトロフィー

加工データの作成

海外のホームページや各種トロフィーの英文例を参考にデザインを作成します。今回は下記のようなデザインを CorelDraw で作成、プラグインで直接 MoshiDRAW に転送し加工します。

デザイン作成イメージ(CorelDraw)
CorelDrawデザインイメージ

今回使用したトロフィーはアクリル製のため、台座があることと材料が厚いことを除き、通常のアクリル板と同じように加工ができます。加工材としては極厚であるため、深く彫り込めるよう比較的低速で強めにレーザーを当て加工を行いました。素材単価が高いため、事前によく準備して加工に臨みます。

加工完了

ワンランク上のプレミアム
永年勤続賞は賞状のみという所も多いようですが、 英文で彫刻されたメモリアルトロフィーは一味ちがった満足感と価値を生み出し、記念に残る一品となります。
プレミアムな贈答品に

正面写真
競争力のある製品を

Applause レーザー加工機で強力な競争力を

トロフィーや盾などのメモリアル商品は、多くの場合数万円で販売されています。高額な理由は様々な要素がありますが、その一つとして高額なレーザー加工機の償却費もあると思います。Applause レーザー加工機は精度の高い加工能力と圧倒的なコストパフォーマンスの高さで、競合他社との販売価格競争に強力なメリットを提供します。